top   news   live   disc   いのちのしま物語   contact

2015年1月5日月曜日

Sunrise Project Day 53 そして、縄文シャーマニックドラムのお話

年末の大晦日に、わたし専用の「縄文シャーマニックドラムが完成しました!」と、製作者の尾崎泰弘氏より連絡を受けて、授かりに行きました。


その縄文シャーマニック・ドラムとえまさんのボイスのみで、今日の午前中に録音したものが、今日のSunriseの曲となっています。


2015.1.5 ♪ Sunrise from YURAI sunrise project on Vimeo.

Taka用とTomo用は既に授かっており、えまさん用は、ずいぶん前にいただいておりました。
これで、4つ揃い、今年のコンサート・ツアーにはマストアイテムとなりました。




この縄文シャーマニック・ドラムは、フレームに自転車の輪っかを使っており、大きなものから小さなものまで様々。
わたし用のものは、60センチとかなり大きなサイズで、安定的に演奏するために、数日試行錯誤していました。
ちなみに、えまさんのものが32センチ、Tomo用が42センチ、Taka用が55センチ。

このようなフレームドラムは、フレームを固定してしまうと音の響きが死んでしまいますので、出来るだけ浮かした状態での演奏が理想となります。

かといって、片手で支えるだけでは、長時間の演奏には耐えられないので、肩に掛けるのが楽なのですが、若干音が止まってしまいます。

今日は5テイク録ってみたのですが、そのうちの2回は片手で支えるだけで演奏してみました。

やはり、この方が音の響きが複雑で面白い!倍音の出方がグルーブが出来てくるに連れて複雑で、ある種メロディアスになってきて、心地よくなってずっと演奏し続けたくなります。(支える手はだんだんつらくなってきますが…)

昨日から試しに録音を始めたのですが、4つの縄文シャーマニックドラムのアンサンブルを撮りたくて色々試すも、 演奏スタイルが定まらなくて、安定的なグルーブが出せずに、かなりもたったアンサンブルになってしまうので、断念しました。
いずれ、完成させたく思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿